心のアウトレットモール

文字起こしをすることで無理やり満足するためのチラシの裏。とは言ったものの、間違っていることはぜひ正したいので、これはさすがにと思ったら突っ込んでほしい。

悩みごと

を文章化すると楽らしいので、文章にしようと思ったら、悩みごとが絡みまくってよくまとまらない。こうなったら末期とも聞いたので、なるほどそういうものもあるのか、といった状態。なので、いつも通り思ったことをつらつらつらつら…つらつら…辛

 

文章が書けない、という話を周りではよく聞く。なんだか知らないが私は文章力がある人間扱いされており、当の本人には全くそのような自覚はない。理由は単純で、私はただ単に思ったことをそのまま書き連ねていて、誰かに伝えようという気がない場合がほとんどだからである。世の中は便利なので、相手方はいい感じに察してくれるという寸法だ。ということで、まず思ったことを書いてみればいいんじゃないかと思う。あとからその場その場で人に伝える用に手直しすればよい。

問題はそこで表現の差異から相手に変に伝わった場合だが、その時は都度訂正すればいいように思う。ただし相手が態度を硬化させなければである。間違ってても教えてくれないのが社会とか大人とかそういう風に言われているので、本当にそうならクソだと思う。仕方がないので心の中で悪態をつきながら、必ず表現を確認するようにしよう。

 

話の中で出てきたのでナチュラルに方向性を変える。このように勝手に連鎖していくのは学校の作文をとりあえず埋めたいときには有用だ。

私は基本的に、ガンガン出して間違いをガンガン訂正していきたい感じの人間なのだけれど、日本社会はどうにも間違いとか指摘とかがギスギスしていて気に食わない。あ、でも、そいつが嫌いなら口は出さない。逆に言えば常識的な範囲の好感度にあるうちはバンバン言いたいというか言い合いたいのだけど、なんかトゲトゲしく感じられる場合が多いらしく、四苦八苦している。実際指摘っていうのはそういうもんなので、どうにかして語彙を増やして表現を柔らかくしなければならない。こういうのでは、思ったことがすっと出るタイプは不利だ。もしや私一人の中であれやこれや足を引っ張りあう要素が山盛りあるのでは。人生終わりや…

 

喋りたいことはいっぱいあるのだが、いまいちなんかまとまらない。というか、実体を持てないのが実情。本当にまずいな、と自分でも思うので、そのような事態に陥る前に細かく実体をまとめてアウトプットをするよう気を付けてほしい。