心のアウトレットモール

文字起こしをすることで無理やり満足するためのチラシの裏。とは言ったものの、間違っていることはぜひ正したいので、これはさすがにと思ったら突っ込んでほしい。

表現

これは昔から不思議だったことなのだけれど、世の中には「使ってはいけない言葉」があるらしい。例えそれが自分自身にとって正当な評価であり、適切な表現であったとしても、だそうだ。


昨今ではすぐ何かとコミュニケーション能力が〜とか言うが、やたらと言葉に制限をかけておいて伝える能力に難癖つけるのはいかがなものかと思う。


要するに、私は使えないものに対してはっきりとゴミといいたいし、私自身がゴミと呼ぶ対象にどれくらい悪い印象を持っているかを人を全く不快にさせない言葉で表現できるとは到底思えない。しかも世の中にはマイナスイメージな単語が出るだけでアウトと言ってくる人種がいるらしいのだ。

一度考えて欲しいのだけれど、マイナスはマイナスをかければプラスになる一方で、プラスだけではマイナスになりゃしない。こんな小学校レベルの原理を無視してまで、世の中は言葉選びにケチをつけ、その癖表現力、伝える力が足りないと言ってくるらしい。私の足りない頭ではこの状況が理解できないので、有識者による科学的視点も絡めた解説が欲しいところだ。


これとはベクトルの違う問題だが、表現する対象と言葉のスケール(ないし火力)の乖離が大きい人がいるように思う。ネットスラングでよく使われる神とかそういう表現につられて生まれた新時代のコミュニケーション問題な気がする。個人的には、よくインターネットで喋り、リアルで会うオタクフレンズとはネットのノリで話しがちなタイプのオタク界隈には是非気をつけて欲しい点だ。